静岡県伊豆松崎町にある伊那下神社。祈願、祈祷、厄祓いのご相談承ります。

〒410-3611 静岡県賀茂郡松崎町松崎28

📞 090-7919-7780

精霊の森

精霊の森


 大自然の恩恵をあらわす神社


 森、すなわち、私たちに対する大自然の恩恵は命の源である。

たえまなく大気を浄化し、地中深く水を貯えて、地上をうるおす。

この水蒸気が雨雲となり、恵みの雨をもたらす。


山々の木々は、この雨を保水し山のミネラルを吸収して、海に流れ豊かな漁場ができるという。

この森、牛原山の麓にみんなの守護神としてお祀りされている。

               かむなびの牛原山へゆこうよ

               The  sacred  forest


                                     道のりは650メートル

     

                   人の一生は重荷を背負うて行くがごとし急ぐべからず


困難(こんなん)を 重ね重ねて 志が決まる

牛原山の入口

牛原山案内人1

ようこそここへ

こどもは宝

牛原山案内人2

道中安全

650メートルあるよ



悩んでも 時が過ぎけす 夢のように

牛原山案内人3

こんな事はしないでね

困難(こんなん)を 重ね重ねて 志が決まる

牛原山案内人7

びっくりしないでね

こどもは宝

牛原山案内人8

いい空気を

たくさん いただこう

悩んでも 時が過ぎけす 夢のように

牛原山案内人9

耳を澄ましてごらん



困難(こんなん)を 重ね重ねて 志が決まる

牛原山案内人13

ドリンク飲んでも

すてたらアカン

こどもは宝

牛原山案内人14

なかよしに

けいれい


悩んでも 時が過ぎけす 夢のように

牛原山案内人15

まっぐの石段が

つづくよ


困難(こんなん)を 重ね重ねて 志が決まる

牛原山案内人19

つるっと

すべらないでね




こどもは宝

牛原山案内人20

しずかに見守るね



悩んでも 時が過ぎけす 夢のように

牛原山案内人21

わたしもいるからね



明るく元気よく 人を伸ばし 自分をも伸ばす

牛原山案内人4

昼食は稲荷すしも

いいね

明歳長歳

牛原山案内人5

一休みながら 

景色もいいよ

言うなかれ 今日学ばずして 明日ありと

牛原山案内人6

今日の一日

楽しもう


明るく元気よく 人を伸ばし 自分をも伸ばす

牛原山案内人10

キツツキの歌が

聞こえるよ

明歳長歳

牛原山案内人11

ここは標高30ネートル

一休み


言うなかれ 今日学ばずして 明日ありと

牛原山案内人12

汗がでできて

きもちい



明るく元気よく 人を伸ばし 自分をも伸ばす

牛原山案内人16

オーイとよべば

明歳長歳

牛原山案内人17

ナーニとこたえる


言うなかれ 今日学ばずして 明日ありと

牛原山案内人18

やっと たいらかに

もうすぐだよ


明るく元気よく 人を伸ばし 自分をも伸ばす

牛原山案内人22

のびのび






明歳長歳

牛原山案内人23

まえまえ

からだを ととのえ

言うなかれ 今日学ばずして 明日ありと

牛原山案内人24

とうちゃくの

 V ポーズ  



                 ご先祖さまは 亡くなると  子や孫たちの 

                 供養によって たましいは ふるさとの山にやどり 

                 みんなの近くで ずっと見守っています。


            ふるさとの山に 精霊となって          牛原山人 


 

人はいつかは死にます、人は死ぬと何処に行くのでしょうか。


  神道では 地下深い黄泉の国とか 海の遥か彼方の常世の国とか言われますが

  民族学者の栁田国男は

   「人は死ねば子や孫に供養され みたま祭を受けて 祖先たちの處へ昇り

    故郷を見渡す山に宿って 人や家や国の幸福 そしとて子孫の繁栄を見守る」

  というのが 日本人の信仰であると言っています。


日本人の心を再確認するためにも 人の死を大切にする 丁寧に祀りをする 

 先祖のお陰で現在があるわけですが もし先祖たちが過ちを犯し してはならない

ことがあったら それを反省し 立派な人、立派な郷土、立派な國を

つくろうというのが敬神崇祖の生活習慣のはじまりだと思います。

 その根幹となるのが家ごとに神棚をおまつりすることではないでしょうか。


伊勢の神宮のお札(神宮大麻)と氏神様のお札をおまつりすることは

日本人の美しい伝統文化を継承することです。


神を敬い親を崇めるとういう教えが各家ごとに

親から子に、子から孫へと受け継がれて行きますように

神社がずっとずっと・・・・


      



かむなびの牛原山からの眺望

 

松崎即望

 シュウチョウ   カセキ     サンゼンヲ  ノゾム 

 秋 朝     夏 夕  望 三 千  

     

カイセキ        キガン      ワンガイニ     ツラナル

 怪 石   奇 岩   湾 外 連

 

 リュウコクノ   クモハ   ベンテンノ   ミズニ ショウズ 

  龍 谷   雲  生 辯 天 水


 ハクオウノ   カンヲ     オウライノ  フネヲ ミチビク

 白 鴎 間 導 往 来 船


                            香山生題



 


よじ登る牛原山の夕暮れは                           牛原のながめゆたけし伊豆駿河

まゆすみえがく駿河路の山 裏山越しに不二の山も見ゆ                     

伊豆駿河遠江の海山を                                  こゝだくの船の出入もにぎはしく

      一目にあつむ牛原の山                                              眺めあかれぬ松崎の浦                                                                                                     

田子嶋も仁科の浦も松崎も                               あなほがら牛原山の見晴らしは

       眺めいよよし牛原の嶺                                          海原きよく富士もみえつつ                                                                                                            
巨鯛嶋鵜島高島田子嶋と                                  牛原の嶺よりみれは松崎や

        目うつしに見る牛原山                                          つゝく浦に和田つ海の舟


駿河の海天城の嶺や見渡しの                            見下ろせば漁る船のにぎはひて

         いともよろしき牛原の山                                       見のおもしろき松崎の浦


堂ヶ嶋田子嶋かけて東風                                  甲斐駿河遠つ近江も見渡して

    波の上にかゝよふ夕日かげかな                                みどりはてなき伊豆の海原